FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

車酔い克服のために、御殿山②

明けましておめでとうございます。
お正月は車酔いゲロゲロやっくんと実家に帰省していました。
事前の特訓の賜物か?! 帰りは6時間の道程を吐かずに帰ってきましたよー。
こうやってじりじり距離を伸ばして、どこでも行けるようにしたいものです(^^)



さて、ちょっと?かなり?間が空きましたが、御殿山の続きです。


***

大黒さまのところで休憩して、再び山を登ります。

ここは一応、峰林山という山の頂上だったらしく。峰林山から御殿山へ続く尾根道が少しだけあります。



本当は放してあげたいのですが。
ここは、頂上と里の間が短すぎて、やっくんが下りてしまうと危ないのでリードのまま林道散歩。


途中でルートから外れた階段があり、眺望スポットになっています。







これ以外はひたすら真っ直ぐ登る。ほどなく、御殿山の頂上を示す看板が出てきます。




この看板の先、おかしいんですけども。
急に登山道が雑になります。


どう雑かというと、

階段一段の差がこれくらい。




飼い主は普通に立ってて夜雲は次の一段にいるだけなのに、目線より上に夜雲がいます。

階段じゃないよね、これ。

崖なの?

むしろ丸太を使った新しいボルダリングなの?


後から他のブログを見たところ、じつは迂回してもう少しなだらかに頂上へ行けたそうです…。
ですよね。急に難易度上がりすぎだよ。



それでも、何とか登り切って頂上!!
東屋と展望図がありました。






晴れていればやっくんの目線の左側あたりに富士山が見えるようです。




時間もちょうどよかったのでランチ。
消化しやすそうなとろみのついたフードをあげましたが、




飼い主のおにぎりも欲しいらしい。




帰りに吐いても知らないよ?


お昼を食べて、少し頂上で休んでから折り返し…。
眺望は良いのですが、やっぱり道中が単調だとつまらないですね…。

帰りは、さっき登った急坂だけリードを離して勝手に降りてもらいました。




赤丸のところに夜雲がいます。
サーっと降りて、飼い主が遅いので戻ってきてるところ。
お、お構いなく…。


下に降りると暫くあちこち走り回っていましたが、名前を呼んで歩き始めるとすっ飛んでくるので、おやつをあげつつ捕獲。
今度はもう少し遊べそうな山に行こうね。


帰りもケージに入れららてヒンヒン言いながらドライブです。




以上、御殿山報告でした。

往復6時間、山2時間…。
田舎に住みたいです😓


スポンサーサイト

車酔い克服のために、御殿山①

今日は天気が良さげだったので、数日前から南房総の御殿山https://www.mboso-etoko.jp/c_course/c34.html
に行くことを計画していました。
いつもの高宕山もよかったのですが、どうせなら行ったことのない山を開拓しようかなということで、眺望がいいと噂のこちらへ。

ちょっと寝坊して、7時起床、8時出発。
先日購入したケージにペット用ベッドを敷いて、やっくんを入れて出発です。




下には滑り止めをしき、ケージはカピの父さんに初めて上田に遊びに行った時に頂いたロープで固定しました。(カピ父さん、ずっと使ってます。ありがとうございます)

遅めの出発でしたが、朝のラッシュが落ち着いた後みたいで、高速までがスムーズに。でも、やっくんはずーっと子犬みたいにキャンキャン、ヒンヒン、時折ブチ切れてギャワーン!!と鳴いてます。


幕張PA、市原SAで休憩を入れつつひたすら南下。
写真は市原SAのドッグラン。






車を降りても涎がすごいんだよなぁ…。
よほど苦手なんだろうね、車…。
それでも、今回は吐かずにここまできました。




3時間半かけて、やっと登山口のある高照寺に到着。

看板には登山道ではなく、遊歩道と書いてある。
ほーん。それならきっと楽勝ですね。




ちなみに、ここに来る前に約1年前に登った伊予ヶ岳
http://kodama617.blog.fc2.com/blog-entry-171.html
の前を通りますが、



絶対二度といかない。

という強い意思でスルーします。
あんなガチな登山、というかロッククライミングは求めてない。


さて、御殿山に戻りまして。

スタートは田んぼの中を通る道から。いいですね、のどかですね。




車から降りてやっくんもすっかり元気です。

「早く行くのぅ!」




途中までは民家の前を通って舗装された道をテクテク。


畑には、除草剤不使用間違いなしの元気な大根や



巨大なカブが顔を見せていました。




抜くと夜雲の顔より大きそうです。




意外と長く舗装路を歩き、(でもかなり急坂)ようやく林道へ。




ところで、御殿山には3つのルートがありますが、今回選んだ山田ルートは最短で頂上へ行く道です。


つまり急。


伊予ヶ岳とあまり変わらなくない?という感じの直登をガンガン登らされます。

わずか20分足らずでこの高さ。(黒い犬に引き摺られていたせいともいう)




ここは御殿山ハイライトのひとつ(ていうか山田ルートには頂上とここしかハイライトない)、大黒さんのあるところ。





もともと、麓のいくつかの里の共有の守り神だった大黒様を里を見下ろせるこの場所に移したんだとか。


「いい眺めなのぅ」





長くなりそうなので続きます。

遠大な計画のために、その猫被りをやめて欲しい件②

夜雲の車酔い対策計画、続きです。

ソファに乗っているのはもう分かっているので、逆にそのふかふかと匂いを利用して車の中でもリラックスできないかと考えた飼い主。

あえてやっくんをソファに置いてみますが、こやつは人間のいるところではあくまで「ソファになんて乗らないいい子の夜雲」を演じます。


いいよ、もう分かってるからソファで寝なよ。




「いえ、」(くるり)




「私めごときは、」(スクッ)




「床で充分でございます!」(スターン)





高速で逃げるので連写で撮りました。
お前…。

↓一人の時と随分違うじゃないか。




と、まあ、何度かこんなことをしてから、じつは先日の長浜海浜公園に行くときに、車にクッション敷いていたんです。

結果。

吐いたは吐いたんですけど、いつも絶対に車中では伏せをしないやっくんが時々寝転がっていて、少し光明が見えてきました。


↓ご覧ください、このうつろな顔。




寝てたら酔わないと思うんですよね…。
立ち上がってウロウロして、揺れで気持ち悪さアップしてるようなので。



そこでさらに、こちらを購入。
やっくんがギリギリ入るサイズのケージ。




ここに例のベッドを敷きまして





やっくんをイン。




これなら寝るしかないんじゃないでしょうか。


さらに、100均でケージの下に敷く滑り止めも買いました。あとは揺れないように固定して…これに入って出かけると楽しいことがあるよ、と覚えさせる…。


あぁ。遠大。



なんでこんなにしてまで車酔い直そうとしてるかというと、もうすぐ千葉から三重まで車で帰省するからです。
一昨年帰った時は何度吐いたことか……。

だからね、猫被りとかもういいんでソファで寛ぐ習性つけてください。やっくんさん。



「私めごときは下で!」





Σもういいって

遠大な計画のために、その猫被りをやめて欲しい件①

ライトノベルみたいなタイトルになってしまいましたが、遠大な計画=夜雲の車酔いをなんとかしたいことで、猫被り=ソファに乗ってないフリです。

ペットはソファやベッドに乗せない決まりの我が家ですが、ずいぶん前から夜雲野郎がソファに乗っているのは証拠が上がっておりました。







人間がいると絶対に乗らないのですが、出掛けると数分後にはソファに寝ています。
不意打ちで帰ろうものなら、リビングからドタッと落ちるような音がして夜雲が玄関にすっ飛んできます。

…私が廊下歩いてる時に気付かないの、かい?


それはともあれ。

相変わらず車酔いするので、飼い主は一計を案じました。

ソファに敷いてあるカバーの下にペット用ベッドを仕込んで、ふかふかの感触とソファカバーに染み付いた自分の匂いをそのままクルマに持ち込んだらいいんじゃないかと。

夜雲の車酔いは、ほとんどが精神的なものに思えます。車が動いてなくても、乗っただけで涎がこぼれ始めるので。

それなら、リラックスさせたらかなりマシになるのではないか? というのが仮説です。


そこでまず、夜雲が充分寝られる大きめのペット用ベッドを購入。ソファカバーの下に仕込みます。


ビフォー。




アフター。




お分り頂けるでしょうか。アフターは下にペット用ベッドが敷いてあり、いつもは窓側に寝てることが多い夜雲がてき面にフカフカの上にいます。


さて、この感触と匂い=眠気に結びつくでしょうか?


アホらしい話で恐縮ですが続きます。

大和くんを囲む甲斐

今日は早起きしてやっくんと熱海の少し先にある長浜海浜公園に行ってきました。

夜雲のお祖父さんにあたる大和くんと、叔母さんにあたる弥生ちゃんの飼い主さんの声掛けで、甲斐犬13頭? と、アメフォ(ってなんの犬種だろう、分かってなかったです(^^;))1頭がいたはずですがなんか実際にはもっとたくさん色んな犬がいた気がします。

大和くんと弥生ちゃん、それに熱海のゾロ君には前々から会いたかったので、嬉しい機会でした。


車酔い夜雲は久々の長距離に案の定ハァハァしていましたが…

港北PAと海老名SAで休憩を小刻みに入れながら騙し騙し南下します。


一度降りると用事があるフリをしてなかなか車に戻らないやっきゅん。
置いてっちゃうぞー。




道路はガラガラだったので、休憩入れつつでも10時過ぎに到着。
駐車場にすでに甲斐犬がワラワラいたのですぐ分かりました!


そしてついに。ついに、おじいちゃんと会えました!大和くん~




大和君の息子であり、夜雲のお父さんでもあるカピくんと顔つきが似てますね。
キリッと切れ長系。



孫です。へにゃっとたれ眉系です。




そして初めましての弥生ちゃん!
夜雲の叔母さんにあたります。先日7歳になったばかりとか。見えないなぁ~。




夜雲に興味があるらしく? または生意気な若造を指導すべく? やたらとクンクンしていました。




そして、会ってみたかったもう一頭、ゾロくーん!




未去勢の雄同士、ガウガウが激しくてなかなか写真が撮れませんでした。残念…。
虎毛がとても綺麗なかっこいい男の子でした。
飼い主さんが他の犬を撫でるとヤキモチを焼いてウーッと怒るのがかわいい!
誰かさんに妬かれた記憶がありません。

やっくん、他の犬を撫でてますけど、私。

「大きい池なのぅー」




……うん。週間1主。



気を取り直して、シーサイドリゾートを満喫しているこちらはトラ君。こ、この足…!!(萌)


「ちょっと背中にオイル塗ってくれない?」





夜雲とお揃いのハーネスで、どことなく似てました。
右が夜雲、左がトラくん。正面から撮ってなかったぁあ。
とてもおっとりさんで、ゾロ君とガウガウしたあとの夜雲はトラ君の匂いを嗅いでクールダウンするという、癒しの存在だったようです。笑




そして今回、夜雲と特に仲良くしてくれたのは、三島からきたイヨンくん!




もうすぐ6歳の男の子ですが、夜雲と気が合う?らしく、何かというとがっぷり四つになってました(笑)


イヨン君の飼い主さんに頂いた写真。
以下三枚、すべて左イヨン君、右夜雲。
こうして見ると夜雲、ちょー笑ってます。



「ねぇねぇ」



「あーそーぼーー!!」




取っ組み合ってるとたまにガウガウしてたりもしますが、喧嘩に発展するほどではなく。
車酔いを忘れるほど楽しかったようです。
イヨン君、ありがとうございました(^^)


他には、懐っこくてオヤツへの反応がちょー早い瑠璃ちゃん(大和君の奥さん)とか、ニコちゃん、カイ君、大和君の親友の影虎くん、桜ちゃん、スマートな杏ちゃん、モテモテ雅ちゃん、飛び入り?の、桃太郎くん、最後に来たミハルちゃん…で、全員だったかなぁ?

写真がピンで全員とれておらず残念…。
でも、大和ママさんに集合写真を撮ってもらいましたよー。





壮観の甲斐犬パラダイス。
甲斐って、こんなにいても個性がすごいというか、一頭一頭全然ちがうなと思いました。

くー、多頭飼いしたい(待)


帰りは渋滞に巻き込まれて小田原までがかなりかかりましたが、トラ君と雅ちゃんの飼い主さんに頂いたお菓子食べつつのんびり帰りました。


このブログを見ている人がそもそもほとんどいないと思うのですが、(笑)皆様ありがとうございました!

そして、大和ママさん、素敵な企画ありがとうございます。
またお会いする日を楽しみにしています(^^)




プロフィール

小霊

Author:小霊
千葉県在住・編集者。
犬2匹、チンチラ(げっ歯類の)、シマリス、アクアリウムの仲間たち不特定多数と暮らしています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。