高宕山再び

今日はぽかっと予定が空いたので、昨年10月に登った高宕山 http://kodama617.blog.fc2.com/blog-entry-166.html へやっくんと行ってきました。

朝の4時半過ぎに起きて、天気予報を見て決めようと思っていたのですが、見事に晴れマーク。
んでは、行きますかね。


ただ、先日の大雨で道が悪そうだったのでシャオ姉は留守番。
お弁当作って、シャオと夜雲を連れて軽く散歩に行ってから、シャオ姉は家に戻してご飯をあげて、家を出たのは6時前でした。


途中、いつもの市原SAでやっくんのゲ●休憩及び飼い主は膝サポーター装着。

8:30には石射太郎山の登山口に着きました。
高宕山へはここから縦走します。



猿でもいるのか? 駐車場でしきりに上の方を気にする夜雲。




登山口には6体のお地蔵さん。
手を合わせてから出発です。




案の定、山道はぬかるんで所々倒木。
毎回大雨の後に来てる気がするな…
しかし、今回はシャオがいない&2回目で私も慣れたのか、前回40分かかった石射太郎山の山頂になんと10分で到着。


この黒いののペースで引き摺られている飼い主です。修験者のようになってきました。





石射太郎山から高宕山への林道。
私が遅れるといちいち戻って見にくる可愛いやっきゅん。





山の中では、いつも付かず離れずで私の近くにいるので安心していたのですが…今日は甘かった、、、



とある曲がり角で、ベンチがあったのでひと休みついでに、後ろから走ってくるであろう夜雲を撮ろうと携帯を構えていたのです。
なのに5分待っても10分経っても現れない……。


あれ? と思い、「夜雲!」と呼ぶと、尾根道の下の方でバキバキ、と音が。続いて、何だか苦しそうな「はっ、はっ、」という息が聞こえました。

また名前を呼ぶと、荒い息とバキバキいう音だけがし、シーンと……その後は全く音がしなくなったのです。


笛を吹いてみても、何度名前を呼んでもシーン…。
これまで、山の中でこんなことはなかったので、まさか倒木にハーネスか首輪が引っかかってる? 何かが刺さった?と、焦りました。


リュックをベンチに起き、音がした方へ降りてみます。(真似しないでください(^^;))
名前をよびながら30-40mも降りると、もう尾根道も見えない山の中に…
来た方向を確認しながら木に捕まりつつ降りて行きますが、夜雲の姿はなし。ぬかるんで滑る崖は、これ以上下ると戻れなさそうなので一度尾根に戻ることにしました。


私がこれだけガサガサやってても来ないということは、怪我で動けないか、よほど遠くへ行ったか?と思いましたが、降りたことでなんとなく確信。
こんな程度の山では、夜雲、怪我、しなさそう、、、


急斜面の山肌からガサッと尾根に出ると、ちょうど登山者の人たちがいて「うわ!!え?!ここ登って来ました?!」と驚かれました。
ですよねー。熊かと思いますよねー。


犬を探してるけど、見なかったかと聞くと、姿も音も見てないし聞いてないとのこと、、、

その人達と別れて、暫く耳を澄ませていると、途中、はるか遠くで、ワンワン!と、犬が鳴く声が。

その声、下手したら隣の山からしてる。



あ、あーーー……(諦め)



猿かなんか追いかけてるんだな…。とりあえず生きてた…。
ベンチに戻り、笛を何度か吹いて居場所だけ伝えつつ、携帯で漫画見ながら待ちました(爆)



40分後。



「たっだいまー♫」






うん、、、おかえり。



ルンルンで戻ってきた黒い犬です。
呼んだらすぐ。呼んだらすぐだぞ、やくも? と言いつつ、撫で撫でが止まりませんでした(笑)


猟期が終わっててほんとよかったです。ヒヤヒヤするよ…。



さて、その後は順調に狛犬と仁王像が守る観音寺の階段から観音さんへ行き。




境内でひと休み。この甘えた顔。





岩の穴を潜って、




頂上へー!




「やりましたん!」





「見晴らし最高なのぅ」





帰りは前と同じ滝コース。
下りがキツくて膝をやられそうになります。


下山。ここまででちょうど3時間半。じつは、帰りもやっきゅが20分程どこかへ消えたので、合計1時間のロスタイム。
ということは、全工程2時間半です。前より1時間早くなったな(遠い目)




川に降りて水分補給。





リード付けられてむしゅってる。




駐車場まで歩いて、帰りは直売所で野菜を買い、手羽先の唐揚げをやっくんとシェアしてたら、地元の人に「甲斐?」と声を掛けられました。


親戚の方が3匹飼ってるそうで、好きなんだとか。

「スタイルいいわねぇ。」「優しいお顔ねぇ」「毛並がすごくきれい!」と、褒め殺されて飼い主がドロドロになりました(//∇//)

最近、虎毛をよく褒められるやっきゅです。
前より明るくなってきたもんねぇ。
優しげでキリッとしてる、とも言われることが増えてきたのです、が、、、、


飼い主が見るのは大体この顔である。



鼻が伸びてるよ、、、やっきゅ、、、



帰りは馬肉屋さんでペット用生肉を調達です。
運動した後にタンパク質!ムキムキになるであろう。(自分の首絞めてる私)




15時帰宅で口汚く罵倒を浴びせてくるシャオリンにおやつをあげ、やっくんを風呂場で洗ってやっと一息。


ヒヤッとしたものの、有意義な1日でした。
スポンサーサイト

伊予ヶ岳へ

ご心配をおかけしているシャオ姉は、まだ入院中ですが……


こんな機会でもないと行けない千葉の山がありまして…。
シャオ姉に内緒で、今日は夜雲と2人で、房総のマッターホルンと呼ばれる伊予ヶ岳へ行ってきました。




マッターホルンといっても所詮は千葉の山。366mしかないんですが、「岳」と付くだけあって、かなりの急峻。
最後は長いロープ場と鎖場が続くため、さすがにシャオリンを連れては登れないな…と思っていたのです。


天気良し。
仕事…まあ、良し!←おい
装備良し!


6:00に起きてやっくんのトイレを済ませ、6:45に出発です。

インターチェンジとしては前回の高宕山よりも奥なのですが、IC降りてからが高宕山より近いのでアクセスは便利かも?


菅原道真公を祀った、「天神社」がスタートです。お参りしてからGO。




入口はこの神社の裏手。最初はなだらかな里山の道、といった風情です。





山道に入っても道がしっかりしてるし、転落防止の柵もあるし。なんだー、楽そうじゃん?


と、思ったら!

まぁね、そんな訳ないんですよ。
枯れても房総のマッターホルン、その名前は伊達ではありません。

この後ずっと、多分60度くらいの坂。

写真?そんなの撮ってる余裕ないですよ。

黒い犬に引きずられて息も絶え絶えに一気に展望台のある東屋まで連れて行かれました。


わ、わー。きれ、い、だ、ね。(棒読み)


テーブルとベンチがあったので、暫くここで屍になってました。早く行こうよ!と言わんばかりに急かしてくる黒い犬。
待て。死ぬから。飼い主死んじゃうから。

10分ほど倒れ伏してからやっと起き上がって山頂を目指します。が……


ちょ…



おかしいやろ。(真顔)


さすが房総のマッターホルンです。ロープ場、鎖場があるとは聞いてましたが想像を超える長いロープ場でした。

ちなみに、この写真みたいなところが、5-7回くらい続きます。
あかん。やっくん、勝手に登ってくれ!

「GO UP!」

登りましたが、分かりますか?



ココです。


拡大すると、めっちゃニヤニヤしてます。


「登れないのぅ?」



Σの、登れるもん!
死線をさまよいながら登りました。ほんとに。
で、やっと……頂上!!






いやぁ、すごい展望。疲れも吹き飛びました。少し。

ちなみに、この山、麓から山頂まで1時間半らしいです。

私、スタートから55分で登頂。うち休憩10分。

黒い犬にいかに引き摺られながら登ったか想像できますでしょうか。もはや刑罰です。


黒い犬は知らん顔で立ち込んでます。


先に頂上にいた人にミカンをいただいて、飼い主はミカン、やっくんは牛レバーとお水で休憩。

下りはロングリードで先に降りてもらい、「まってて」と声を掛けて、引っ張らないようにしながら岩場を下ります。
いやー…これ、シャオリン無理だわ…。
私が片手すら使えない…。


さて、ここからはお楽しみタイム。
休憩した展望台まで戻り、お昼ご飯の用意です。

ジャン。



研いだお米に、筍の煮物とかつお節、煮汁を混ぜたもの。メスティン。アルコールバーナー。


サンマの蒲焼缶を乗せて炊きます。



完成!



ご飯は薄味なので、かつお節部分にサンマの蒲焼を少し混ぜて、水で薄めてやっくんにもお裾分け。



何度もお代わりされて私のがほとんどない……。

いいんです。私にはコーヒーとおやつがあるから。


憧れの山コーヒー。




ドライフルーツとクッキーでデザートタイム…、と、思ってたら、ちょうど3人組の女性グループがやってきた

展望台のテーブルを独占していたので、そそくさと片付けて席を譲り、コーヒー飲み干して下山です。


帰りも急な下り坂ですが、ロングリードで降りてもらってはマテをかけ…

やっくんを探せその2。見つけたらすごい




帰りはあっという間に下山です。
はぁ。ハードだったけど眺めはサイコーでした。


高速に乗り、この前も寄った、市原SAで休憩。
前は気付かなかったけど、ドッグランがあったー。


おちりになってしまった。



この子と、ウィペットが先客だったのですが、やっくん、ウィペットに追いかけられてうれしそーーに走ってました。

かなりのスピードでしたが、ウィペットに追いつかれずに暫く走ってましたよ。山登りしたあとなのに元気だねやっきゅ。


飼い主はまたシュークリーム買ってます。
山登りすると甘いものが欲しくなる



1530頃には帰宅して、動物病院に電話。

「シャオリンちゃん、とても元気で食欲もあります」と言われてほっ。


明日はシャオリンが帰ってきます(*´∇`*)

高宕山へ

昨日、急に仕事が空いたので雨続きで運動不足なやっくんとシャオリンを連れて、ぶらり君津まで登山に行ってきました。
色々調べた結果、変化に富んで面白そうだった高宕山へ。頂上330m、石射太郎山から縦走して周るコースが3.5時間程度と、初心者にもやさしそうです。
君津インターで降りてさらに40分ほど。
登山口へ到着。登山口の前まで車で行けるのもよいです。
(この時やっくんはすでき2度ほどゲローしたあと…)

入り口が荒れてて、いきなりシャオは抱っこで登山道まで誘導せねばなりませんでしたが、その後はポメチワらしからぬポテンシャルでザクザク山を登るシャオリン。

「付いてくるワン小僧…」

昔あった「銀牙」っていう犬マンガだと伝説のポメチワとして出てきそうな頼れる背中…。
途中、昔の採石場を通り、石射太郎山の頂上をまず踏破。


見晴らしの良いベンチ。
この時点で出発から40分くらい。さらに、尾根を通って高宕山へ向かいます。
この、高宕山への縦走はほぼ平らな道でとても楽でした。最初、シャオリン一緒で大丈夫かな、と思いましたが、これなら楽勝。(と、この時は思っていた)

途中で絶景を眺めるポイントへ。
「やっほーなのぅ」

徐々に登りに差し掛かる山道。

尻尾が下がってきたシャオ姉。

始終、飼い主を引っ張りながら駆け上がろうとする笑顔の黒いの。

剥き出しの木の根っこが模様みたいになっている道に来ました。

やがて、阿吽?仁王?様達と、狛犬が守る階段へ。なかなかの迫力!

高宕観音への入り口です。
階段の途中にはこんな塔も…ほんとに変化に富むコースで飽きません。

岩屋に建てられている高宕観音。お堂はかなり寂れていましたが、人が立ち寄って居るからか、荒れた感じはしませんでした。

この前を通り過ぎてさらに奥へ…道は徐々に秘境の風情を漂わせ始めます。

この階段、写真で見るより急で足掛かりも少ないのでシャオリンは抱っこ再び。やっくんは平気で駆け上がっていきます。
下ったり登ったり、ちょっとハードな山道が続き、岩の鎖場も抱っこで超えて、いよいよ頂上が近い気配。
ラスボスがいました。

4-5mはあろうか? ほぼ90度の梯子です。
シャオは抱っこで、やっくんは…登れるのか?
試しにロングリードに変えて、「GO UP!」と言ったら、2度ほど足を滑らせたものの一気に駆け上がっていきました。甲斐犬すごい。
ちなみに、帰りもここを通ってから違う分岐へ行くのですが、帰りは梯子の横の崖を途中まで降りてから、2mくらい飛び降りて行きました。ワイルド…!
さて、ついに!高宕山踏破!

少ないながらも人が入れ替わりやってきたので、2匹の記念撮影をする余裕がなかったですが
とりあえず、梯子を上って頂上にきた人は犬がいることに驚いてました^△ ^
特にシャオリン。あまりに似つかわしくない場所にいるポメチワよ。
ちょうどお昼だったので、ここで持ってきたお弁当と、犬達もおやつを食べてエネルギー補給。
下りは滝と川のあるコースへ。
長い下りで、滑るわやっくんは走ろうとするわでカオスでした
シャオリンの抱っこ率も帰りの方がアップ。足腰に来そうだからね。
(と、言っていたら私が膝をやられましたが)
無事に下山して川で休憩。
じつは、持って来ていた水をほとんど犬達にあげてしまったので私もここで水分補給。今のところお腹は痛くありません。←

下山してから車があるところまでが地味に長くて、2km近く歩いたかなあ。
車に戻ると、スタートからぴったり4時間でした。結構休憩しつつの割にいいペースだったのは、多分やっくんに引きずられて走っていたからでしょう…。シャオもよく付いて来た!
帰りは直売所で豆乳ソフト。
後部座席から長いお鼻が伸びてきたので少しだけお裾分けです。

さらに市原SAで人気のシュークリームゲット。
これは甘すぎるのでさすがに人間だけ。
トロトロ、濃厚でおいしかったです

自宅に着いたのは17時頃。程よい距離と工程でしたー。千葉の山も楽しいですね。
登らなくても川遊びだけもよさそう。
良いところ見つけました。

甥っ子・姪っ子とご対面&栃木ぐるめぐり

9月17日、三連休の中日に栃木の須須ちゃん宅へお邪魔してきました。

須須ちゃんは夜雲の妹。7月にかわいい3匹の子犬が産まれて、ぜひとも触りたい!なでたい!口に入れたい!と思っていたのでした。 ☆入れてません。

朝の8時頃に家を出て、高速で栃木へ。やっくんは先週に続いての中距離・車移動でした。
途中までは吐かずに耐えていましたが……
あと少しのところで時間調整のために立ち寄ったPAで、雨が強くなっていたため人間だけが降りて帰ってくると、車内が香ばしい匂い。
車が停まった安心感と、置いていかれた緊張感で?なのか、限界だったのか分かりませんが…吐いてました・・・。

欝になっている黒い犬と、やっくんのゲ●用シートに陣取って動かないシャオリンを乗せたまま、一路、毛野乃真神犬舎さんへ。
ヘイフー君と夜雲がきっとガウガウするだろうという予測のもと、まずは近くの公園にママさんがヘイフー君と須須ちゃんをつれて迎えに来てくださいました。

予測どおり、ヘイフー君がガウガウ!! 酔ってフラフラだったくせに夜雲もそれを受けてガウガウ!!(高い声)
夜雲&須ーちゃんと、ヘイフー君&シャオリンは平気なんですけどね~(TT)
甲斐のオス同士、やはりこうなりますよね。

その後、ご自宅へお邪魔して……


ああああああああああ。

fc2blog_20170918095517b04.jpg

ころころと部屋を転げまわる仔犬に絶叫です。このおうちはむしろ絶叫マシーンです。

甲斐犬が入り乱れてカオスですが、手前のぶれている毛並みは須須ちゃん、右に見切れているお尻は夜雲、全身写っているのがミコトくん、椅子の下で行き倒れているのがタケル君、奥でみだしなみを整えているのがヤマトちゃんです。

タ、タケrkんのおs利がgAgawagvaaa!!!!!

KOTOBANINARANAI。


みんなすばしこくて、人懐こくて、写真がまともになかなか取れなかったのですが、夜雲おじさんはとりあえずむらがられてタジタジでした。仔犬に対してガウはしませんが、逃げ腰です。
あと、相変わらず須須ちゃんにしつこく絡んで怒られていました。
やっくんは人間だったらチャラ男じゃなかろうか……と思う今日この頃…。


チャラおじさんに挨拶に来てくれたタケル君。

fc2blog_20170918095755733.jpg


挨拶ついでに夜雲おじさんの散歩までしてくれたタケル君。
「Σちょ、ま……」

fc2blog_20170918095850e3b.jpg


「このかばんにおいしいがあるのを見ました!」な、ミコト君。

fc2blog_20170918124302e85.jpg


友人が激写していた、いつの間にか事故ってるミコト君。
「やくもおじさんのおしゃんぽしゅるつもりが・・・」

IMG_0874.jpg


里親募集ということで、ドッグクラブの掲示板用に抱っこで撮らせてもらったヤマトちゃん。
これは美人になるぞぉ。

fc2blog_20170918124500624.jpg


一緒にお邪魔した友人一番のお気に入りのミコト君。うーん、かわいい!
お耳ぴーん!!

IMG_0851.jpg

マイペースにいつの間にか一人で遠くにいるタケル君。
夜雲おじさんの小さいときのようだね。

IMG_0854.jpg


その頃シャオ姉。

「・・・・・・」

IMG_0822.jpg


シャ、シャオリン?
「いません。シャオリンはかばんだワン」

IMG_0822.jpg


ところが須須ちゃんにあっさり見つかってます。。。
「Σいないわーん!!!」

suzusyao.jpg


と、こんな感じでドタバタだったのですが、ママさんがガウガウになるから、ヘイフー兄貴と一緒にずっと別室にいてくださって(TT)
すみませんでした! 小一時間ほど仔犬を堪能させていただいて撤収。

お土産に宇都宮餃子と那須の地ビールを頂いてしまい、もう栃木の目的はすべて果たしました。有難うございます!


帰り、佐野SAで「佐野ラーメン」。

fc2blog_20170918124740149.jpg

スープあっさりなのにうまみがあっておいしかった!
友人がことのほか気に入って、佐野市内のラーメン店を回ってみたいというほどに。
佐野ラーメン、140軒くらいあるのだとか? それはたしかに回ってみたい…。


さらに夜はみんみんの餃子と那須高原のビール。
fc2blog_20170918124823eed.jpg


SAで御用邸チーズケーキと、チーズワッフル、レモン牛乳、御用邸の月なども買ってまして、図らずも栃木ぐるめぐりでした。
御用邸チーズケーキは甘くなくてワインにあいます。はあ…幸せ。


帰りは地元のIKEAいく~?とか呑気なことを言っていましたが、台風が本気になってきたので真っ直ぐ帰宅。
Hさんご夫妻、ヘイフー君、須須ちゃん、ヤマト・タケル・ミコトちゃんたち、有難うございました!


☆ヤマトちゃん、里親さん募集中だそうです。何を覚えるのも姉弟で一番、とっても賢くて可愛い女の子。
気になる方は毛野乃真神犬舎さんへご連絡ください☆

奥多摩へ

土日に仕事を終わらせて、昨日はいつもの友人と奥多摩へ行ってきました。

夏休みの後の平日ならほとんど人に会わないよ、と、散歩でよく会う山登りが好きな人に聞いて、犬を連れて行ってみたいなと思っていたのです。

行き先は、駅から5分で渓谷に行けるという鳩ノ巣渓谷。
移動はもちろん車なんですが、駅近に無料駐車場もあって本当に便利!


はとのす荘の脇にある階段を降りて、吊り橋を渡って渓谷沿いの散策路へ。





こんな綺麗な川が流れています。
何気に今年3回目の犬連れ川遊び。車買った甲斐があります(笑)




本当に人がいないので、犬達もフリー。
先に走って行くやっくん。でも、ちらちら振り返りながら、遅いと様子を見に戻ってくる可愛いやつです。




途中、川辺に降りたら鴨がいました。




一羽だけで…。はぐれたのかしら?
なーんて思ってたら、この黒いのが鴨に向かってダイブ!!




あれ?!自ら泳ぐの、やっくん?!
鴨目掛けてスイスイ泳ぐ勇姿、はやく撮らなきゃ!と思ったら、


「ちょ、ま、ちょ、足届いてな……」



自分が泳いでると今更気付いたのか、慌てて撤収してきました。


おま…え…。



鴨さん、視界にすら入れてくれてないじゃないか。




「あいつ、なかなかやるのぅ」



その後2度と飛び込まなかったやっくんです。
甲斐犬として……。


一方シャオ姉。
この子はポメチワの皮を被った山犬です。




自分の背丈くらいある石段もなんのその。
動画では最後の方ズルしてますが(笑)50段くらい続く階段もぴょんぴょん登って行きました。




下り階段は抱っこですが、それ以外は割と急な岩場も上り階段もスタスタ来ます。


「ついてくるワン小僧」




惚れる。



お散歩の後は、野良バーベキューのつもりでしたが、ナビで近くに見つけた「境川渓谷キャンプ場」が、犬OK・持込OKとのことなのでそちらへ行くことに。

これ、珍しいと思うんですよ。炭もコンロも持込だったから、入場料と駐車場代だけでよくて、トータル一人950円で川沿いのバーベキュー場が使えました。
しかも平日だから貸切状態!


とりあえず川見ながらおにぎり。




ウインナーと野菜からのー



焼き肉と焼き枝豆からのー




燻製いってー(今日のために買ったコンロが蓋つきで燻製もできる優れもの!)




締めは焼きりんご!





食べ過ぎです。
当然、途中でこの人達もちょー食べてます。



このお皿には犬用に持って来たムネ肉とウインナーがあったのに…カメラ起動してる間にぺろり。



ちなみに、川にも降りて行けるので燻製してる間に少し川遊びもしました。


やっくぅんの貴重なキリッとしたところ。




戻るよ、と言うと先に立ってバーベキュー場へ行きます。



ところで、山では甲斐犬のコミュニケーション能力の高さに本当に驚きます。
友人に待っててもらって先の道を見にいった時も、夜雲が付いて来て先に走って行くのですが、
「ここまでにしよう。Hさんのとこまで戻るよ!」と声を掛けると、くるっと方向を変えて友人の所へすっ飛んで戻ります。

多分、他の人や犬がいたらこうは行かないかもしれませんが…
一体感が感じられて面白かったです。



安定のシャオ姉。この子はでき上がってる…。夜雲ほど細かいニュアンスは伝わりませんが、人間にきちんと付いてくるし、「おいで」と「ダメ」が完璧なので本当に楽です。




15時頃には撤収で、夕方帰宅。
帰りはやっくんがやはりゲーしましたが( ;∀;)
2匹とも満足そうでした。
奥多摩、程よい距離でいいですね☆ また行こうっとー。
プロフィール

小霊

Author:小霊
千葉県在住・編集者。
犬2匹、チンチラ(げっ歯類の)、シマリス、アクアリウムの仲間たち不特定多数と暮らしています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR