水槽の中の弱肉強食

アクアリウムを始めてから約2ヶ月半。
抱卵しているミナミヌマエビを何度か見ましたが、なかなか稚エビを見かけません。
理由はこの、ミクロラスボラハナビ。

メダカの仲間で、購入当時は1.5cmあるかどうかの小さな魚でした。
ゴールデンドワーフグラミーに食べられないか心配すらしたものです。
そんな心配いらなかったけどね!
この魚ども、本当に怖いです。貪欲。素早い。群れで動く。その様は、ジュラシックワールドのラプトルのようです。
目はいつも獲物を探していて、気がつくとウィローモスの中で何かを突いています。
あれ、稚エビや。絶対稚エビ食べてるんや。
実際、25cm水槽でエビが増えすぎても困るので自然淘汰に任せていますが、
こいつらがいては生存率3%くらいなんじゃないか。
これまで稚エビを3回見ましたが、うち1匹は目の前で食べられ、
1匹は水換えの時に水草についてきて死んでしまい、
1匹はまだ生きてるかも?という、大変過酷なサバイバルワールドです。
が!! 今日、なんと一気に5匹の稚エビを発見!!

写真は3匹ですが、流木の下にあと2匹います。
やったー!生き延びてる子がいたんだー!!
喜んで写メパシャパシャ。
すると、スイッと不穏な影が過ぎりました。

は、ハナビ、、、、!!!
近付いてきて、流木の下をじーーーっと覗いています。目が怖いです。
稚エビたちも奥に引っ込みますが、1匹、流木の影から出たままのがいました。
に、逃げてーーー!!!
パクッ。
モグモグモグモグモグモグ。
あ。
アーーーーーーーーーー!!!



また目の前で食われました。いい加減トラウマです。
それでも、あと4匹は確実にいるはず…。
無事に育ってくれますように...
スポンサーサイト

和風アクアリウム

今年5月から始めたアクアリウム、早くも水槽2つ目です。

1個目は、レイアウトも何も考えずにやってしまったので、
流木や石の形も考えて、和風っぽくしてみました。

ウィローモスを巻くところから自作。輝板石を重ねて日本庭園風に。


床にパールグラスを這わせたくて、最初は水草水槽にしようと思っていたのですが、
二酸化炭素やライトで頑張ってみてもなかなかパールグラスが増えずf^_^;)

茶ゴケがでてきてしまったので、とりあえず、
オトシンクルスネグロとチェリーシュリンプたちはこっちへ移動しました。



ウィローモスで遊んでるブルーベルベットシュリンプ。
(と、店では書いてあったけど、ランシーロン並の青さです)

エビは水合わせができてるか、1週間ほどは緊張します。


落ちませんよーに!
プロフィール

小霊

Author:小霊
千葉県在住・編集者。
犬2匹、チンチラ(げっ歯類の)、シマリス、アクアリウムの仲間たち不特定多数と暮らしています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR