高宕山へ

昨日、急に仕事が空いたので雨続きで運動不足なやっくんとシャオリンを連れて、ぶらり君津まで登山に行ってきました。
色々調べた結果、変化に富んで面白そうだった高宕山へ。頂上330m、石射太郎山から縦走して周るコースが3.5時間程度と、初心者にもやさしそうです。
君津インターで降りてさらに40分ほど。
登山口へ到着。登山口の前まで車で行けるのもよいです。
(この時やっくんはすでき2度ほどゲローしたあと…)

入り口が荒れてて、いきなりシャオは抱っこで登山道まで誘導せねばなりませんでしたが、その後はポメチワらしからぬポテンシャルでザクザク山を登るシャオリン。

「付いてくるワン小僧…」

昔あった「銀牙」っていう犬マンガだと伝説のポメチワとして出てきそうな頼れる背中…。
途中、昔の採石場を通り、石射太郎山の頂上をまず踏破。


見晴らしの良いベンチ。
この時点で出発から40分くらい。さらに、尾根を通って高宕山へ向かいます。
この、高宕山への縦走はほぼ平らな道でとても楽でした。最初、シャオリン一緒で大丈夫かな、と思いましたが、これなら楽勝。(と、この時は思っていた)

途中で絶景を眺めるポイントへ。
「やっほーなのぅ」

徐々に登りに差し掛かる山道。

尻尾が下がってきたシャオ姉。

始終、飼い主を引っ張りながら駆け上がろうとする笑顔の黒いの。

剥き出しの木の根っこが模様みたいになっている道に来ました。

やがて、阿吽?仁王?様達と、狛犬が守る階段へ。なかなかの迫力!

高宕観音への入り口です。
階段の途中にはこんな塔も…ほんとに変化に富むコースで飽きません。

岩屋に建てられている高宕観音。お堂はかなり寂れていましたが、人が立ち寄って居るからか、荒れた感じはしませんでした。

この前を通り過ぎてさらに奥へ…道は徐々に秘境の風情を漂わせ始めます。

この階段、写真で見るより急で足掛かりも少ないのでシャオリンは抱っこ再び。やっくんは平気で駆け上がっていきます。
下ったり登ったり、ちょっとハードな山道が続き、岩の鎖場も抱っこで超えて、いよいよ頂上が近い気配。
ラスボスがいました。

4-5mはあろうか? ほぼ90度の梯子です。
シャオは抱っこで、やっくんは…登れるのか?
試しにロングリードに変えて、「GO UP!」と言ったら、2度ほど足を滑らせたものの一気に駆け上がっていきました。甲斐犬すごい。
ちなみに、帰りもここを通ってから違う分岐へ行くのですが、帰りは梯子の横の崖を途中まで降りてから、2mくらい飛び降りて行きました。ワイルド…!
さて、ついに!高宕山踏破!

少ないながらも人が入れ替わりやってきたので、2匹の記念撮影をする余裕がなかったですが
とりあえず、梯子を上って頂上にきた人は犬がいることに驚いてました^△ ^
特にシャオリン。あまりに似つかわしくない場所にいるポメチワよ。
ちょうどお昼だったので、ここで持ってきたお弁当と、犬達もおやつを食べてエネルギー補給。
下りは滝と川のあるコースへ。
長い下りで、滑るわやっくんは走ろうとするわでカオスでした
シャオリンの抱っこ率も帰りの方がアップ。足腰に来そうだからね。
(と、言っていたら私が膝をやられましたが)
無事に下山して川で休憩。
じつは、持って来ていた水をほとんど犬達にあげてしまったので私もここで水分補給。今のところお腹は痛くありません。←

下山してから車があるところまでが地味に長くて、2km近く歩いたかなあ。
車に戻ると、スタートからぴったり4時間でした。結構休憩しつつの割にいいペースだったのは、多分やっくんに引きずられて走っていたからでしょう…。シャオもよく付いて来た!
帰りは直売所で豆乳ソフト。
後部座席から長いお鼻が伸びてきたので少しだけお裾分けです。

さらに市原SAで人気のシュークリームゲット。
これは甘すぎるのでさすがに人間だけ。
トロトロ、濃厚でおいしかったです

自宅に着いたのは17時頃。程よい距離と工程でしたー。千葉の山も楽しいですね。
登らなくても川遊びだけもよさそう。
良いところ見つけました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

なかなかハードな感じがしましたが‥
筋肉痛はすぐ来たでしょうか?(^^;

甲斐犬ってホント凄いですよねぇ(^^)
ほぼハシゴ状態でも軽く登ってくれますよね~

小型犬ダッコ用の布みたいなのあると楽なんでしょうが、足腰に負担かかっちゃいますねぇ(^^;

下りは大丈夫だったでしょうか?
私は昨日、怜と勘介をリードで引かせてる時、カモシカが出現して山城の石垣をダイブしてくれたので私も一緒にダイブする羽目にあい、土砂降りの山の中で泥々になりましたよ(^^;
リード繋げての下りは気を付けてくださいね~

No title

甲斐犬って梯子あがれるんやー
うちのは拒否りまくり毎回15㎏を抱えて梯子を上がる(笑)
そんな姿に応援の声、途中で諦められず(ToT)上がったら下りねばならず今は梯子みたら逃げ帰っております( ´艸`)

地味に小型の抱っこてハードよねぇ
うちも急な上りや階段や足場が悪いと抱っこやでヒィヒィフゥフゥでございます(^◇^;)




怜父さんへ

コメントありがとうございます!
夜雲は登りも下りも絶好調、飼い主を山中引き回しの刑にしてくれました(^^;) お陰で翌日は筋肉痛がひどかったですが、なかなか楽しかったです。
下りはヤバイですね〜v-388
途中で諦めてフリーにしたのはここだけの話…
そちらはカモシカを追いかけてのダイブですかっ(笑)
よくぞご無事でー!

Re: No title

庵子さん、コメントありがとうございます!
ピイちゃんもきっと登れるけど、抱っこに味を占めて甘えてるんじゃないかな?(笑)
夜雲も、夜寝るときにペット部屋まで抱っこで運んでいたせいで未だに抱っこをねだってきます(^^;)

小型の抱っこはほんと、地味に効きますよね…。最後の約2キロ、抱っこでしたが腕が重たかったです。
夜雲の背中にカゴをつけてシャオ姉を乗せられないか検討中です(笑)

はじめまして

はじめまして。ヘイフーパパ、須須ママの娘、マヤの飼い主です。マヤは八雲君の姪ですね?甘ったれのくせになかなかワイルドな姪ですが、どうぞよろしくお願いします。

千葉にも素敵なところがありますね。マヤを連れて行ってみたいです。

お近くのようなのでいつかお会い出来ることを楽しみにしています。

Re: はじめまして

あずささん、コメントありがとうございます!
マヤちゃんママですね(*´∇`*)うれしいですー♬
マヤちゃんにはやくも伯父さんも一度だけ会いました。とても賢い可愛い子ですね!
ぜひ一緒に遊びたいです♬ 会いたいなー。
水元公園、ドッグラン松戸、八柱霊園などに出没してます(^^)
プロフィール

小霊

Author:小霊
千葉県在住・編集者。
犬2匹、チンチラ(げっ歯類の)、シマリス、アクアリウムの仲間たち不特定多数と暮らしています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR