ツマラナイ山と流木ハント

先日、じつはまたまた千葉の山を登っていました。

今回は、友人も一緒に三石山から元清澄山への縦走コース。
三石山は、山頂近くに観音寺があって、車で上まで行けてしまいます。
観音寺の近くから、山道に入って元清澄山を目指すのですが…

その入口が分かりにくく、まず入口探しに1時間

友達が見つけてくれたネットの写真で、石碑のある入口を拡大してみたら……

これ…スタート地点にあった石碑……。

探しながら相当下っていましたが、また頂上近くまで登って、やっと山道へ。


ほぼ起伏なく、林道をひたすら歩きます。





なんか、ずーっとこんな景色の繰り返し。
眺望といえば、最初の方で郷の方まで道が降りていき、ソーラーパネルが一面に見えた所くらい。



太陽光発電所なんだろうか???
このあとはずーっとずーっと林道の尾根。

しかも、左に小高い小トップへの登り、右に回り込む道、という地形が何度も出てきて、その後は両端のない痩せ尾根で…という、まるで同じところをぐるぐる回っているようなコース。

尾根好きですが、これは飽きます……

山登りに慣れていない友人は、先の見えない距離と景色にかなり参っていたようで、休憩入れつつの山行。

夜雲だけが喜んで崖や尾根や小トップを走り回っていました。(シャオ姉は大事をとって留守番)


で、歩き始めて2時間半。
帰りの時間も加味すると、途中だけど引き返す方が良かろうと判断し、小高い尾根で昼ご飯です。

まあ…風がすごいのなんのって。
カレーだったんですが、山が勝手に葉っぱと言う名の薬味を振り掛けてきやがります。
ホットワインにもいつのまにか覚えのない木の実。

山で食べるご飯は何でもおいしいですが、元清澄山スペシャルはイマイチ頂けなかった。
山の神様、お構いなく。


あまつさえ、私はホットワインを零して山に飲まれる始末です。泣いていいかな。

写真が異様にないのは撮るべき場所がほぼなかったからなんですが…ご飯と夜雲くらいは撮っておけば良かったよ。

帰りは近くの亀山温泉で黒湯に浸かり、やっと一息です。
いつもの市原インターでご飯を食べて帰宅。


で、今回の戦利品、というか、山登りはサブでメインはこっちでした。


流木。


作りたいものはあるんですが、それにあう形の材料がなくて、ここにある流木だとまた違うものにしないとです。

とりあえず干して、使えそうなの選別したらなんかやろうかな。

ちなみに、大工の親方だった祖父の血を引いているのか?DIY好きです。
先日はホームセンターで一枚板を買ってきてテーブルを作りました。


ハンの木。柔らかいのであまりいい家具にならないかもですが、形と厚さ、色が良かったので購入。




磨いてオイル塗って脚を付けてサクッと完成。




ミシン机なんですが、もっぱら仕事場になってます。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

小霊

Author:小霊
千葉県在住・編集者。
犬2匹、チンチラ(げっ歯類の)、シマリス、アクアリウムの仲間たち不特定多数と暮らしています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR